So-net無料ブログ作成

はりま屋 / 新潟古町 [食]

久々に新潟へ出張。

今回初日は珍しく早々に仕事が終わったので、初めて新潟の繁華街「古町」へと遠征。

新潟駅より車で10〜15分程。向かった先は古町9番町にあるはりま屋さん。

200807071942000_1.jpg

最近家呑みのつまみを作る際のバイブルとしているこちら↓

酒の肴360 - 永久保存版 (別冊家庭画報) (別冊家庭画報)

酒の肴360 - 永久保存版 (別冊家庭画報) (別冊家庭画報)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2008/03/01
  • メディア: 大型本

 

 

 

にレシピ提供されていたご兄弟二人にて切り盛りされているお店。

新潟駅前だと何だか東京にあるようなお店ばかりなのですが(リサーチが少ない?)、こちらは日本酒に関しては〆張鶴しか置いてないという事で新潟に対する一本気を感じ、一度行ってみたいなと思っていた次第。

割烹、メニューがないという事で実はドキドキしながら入店。

しかし、お二人の人柄がとても良く、すぐにドキドキは解消。おまかせで見繕っていただく。

まずいただいたのはこちら

200807071755000-1.jpg

「うみそうめん」なるもの。海草だそう。出汁汁でいただきます。下処理をきっちり行う事が大事との事。

 本当に麺を食べてるような感覚ですが、独特のプチプチした食感と磯の香りが新鮮。

今まで食べた事のない味です。

次にこちら

200807071758000_1.jpg

くじら汁。ミンク鯨の皮が入ってます。新潟では古くから鯨を食べる習慣があったそう。

帰りに駅ビルでお土産物色をしていたら、確かにくじらの皮の味噌づけがありました。

素朴なお味。こちらも美味しい。

途中、初めて古町に来たとの話をしていたら、新潟の建物の造りを見てみますかと2階を案内していただき、昔の町家の面影などを案内いただく。程よい距離加減でこういった案内もいただくのでホントに心地よい。

そして、地のものの刺身。

200807071807000_1.jpg

文句なく美味しい。

上記の本を見て来たと話をすると、酒飲み用にとこちらもいただきました。

200807071811000_1.jpg

いかの沖漬け。〆張の生酒といただきます。

ちなみに上記の本のオファーが何故あったのとお聞きしたところ、〆張鶴の蔵元さんからの紹介だったよう。

この他、枝豆なんぞをいただきました。

どれもこれも美味しかった。

ところで、はりま屋さんでは先日映画のロケが行われたそう。

私が座ってた席にて武田鉄矢がいたとの事でした。

心配していたお会計も良心的。新潟を初めて堪能した気分になりました。

新潟、次回もこちらかな。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

メキシカン・ランチ / Casa De Rafa [食]

今日は外出のついでに久々に浦和にてランチ。

休日に自転車でフラフラした時より気になっていたメキシコ料理の店Casa De Rafaに行ってみました。

卒業旅行にてサンタ・フェで食べて以来のメキシカン(もう10年以上前か・・・)。

何を食べてみるか迷いましたが、本日いただいたのはこれ。

200806161146000_1.jpg

タコス チキンのモレソース

モレソースとはチョコ(!)やらレーズンやら胡麻やらチリやらを石臼でゴリゴリやってカレーみたいにしたものだそう。

何やら不思議な味がします。初体験の味。何て表現したら良いのだろう。

甘いんだけど、辛みもあって、一筋縄ではいかぬ味。

サルサソース・レタスの千切りなどと一緒にトルティーヤにくるんでいただくと、ますます不思議な味。

時にハバネロ・ソースをかけてみたりしながら。

不思議・初体験ながらも美味しいです。

今度はメキシカンビール&テッキーラと合わせていただいてみたく。

外観・内装も雰囲気あり。

今度は夜に行ってみたい。

一緒に行ってくれる方募集中。

Casa De Rafa

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

渋谷飲み屋さん巡り(BUCHI〜たもいやんせ) [食]

金曜日に大学の友人とほぼ10年ぶりに再会。渋谷で飲み会[ビール]となりました。

 

待ち合わせより40分程早く着いたので、時間潰しに久々(2年ぶりくらいかな??)立呑酒場BUCHIへ。 ハートランドとホタテの薫製(自家製)をいただきます。

200806061857000.jpg

薫製半分食べたところで撮ってみました。

あいかわらず、接客もつかず離れず、キビキビしており、気持ちよい。晴れていたので外で楽しむ方々も。 そんなユルいところもよし。

30分後出る頃には、満員に。

ビールとホタテしか頼んでないのに、外までお見送りしていただく。

食べ物よし、酒も豊富(和洋含め)、接客よし。

やはり良いお店です[ひらめき]

 

そして、友達と合流し、 メインディッシュとなる九州料理たもいやんせへ。

既にビールはいただいたので、九州料理といえば、もちろん焼酎を。

料理はこんな感じで

200806061929000.jpg

鶏刺し盛り

200806061939000.jpg

チキン南蛮

200806061945000.jpg

宮崎地鶏もも焼(骨付き)

200806061931000.jpg

野菜トマト煮冷製(ま、ラタティユか)

200806062000000.jpg

黒豚海塩焼き

まー、肉肉肉のオンパレードで頼んでしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]

しかも1品1品の量が多い。

だが、旨いです。そーとう。

やはり宮崎地鶏はあごが疲れそうな程の弾力。たたきももも焼も噛みしめるほどに美味しいです。

チキン南蛮は自家製のタルタルが良い感じ。

豚もジューシーで鶏と同じく噛みしめるほどに旨し。

焼酎がすすみますね〜。

もう少し焼酎の値段が安けりゃいいんですけどね。東京価格といったとこでしょうか・・・。

そして、すでに酔っぱらいのために写真を撮り忘れたのですが、〆で食べた冷や汁!!、これがめちゃくちゃ美味しかった。

濃厚な味ながらごはんにかけてサラサラっといってしましました。

友人共に感動。

 

さて、その友人、現在ノキアにお勤めとの事で、発売前の社用携帯を見せてもらいました。

200806061924000.jpg

200806062027000.jpg

カメラは5メガ、フラッシュも立派なものが付いてます。

何よりデザインが良いですね[ぴかぴか(新しい)]

欲しいなぁ。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

タロー屋 / 北浦和 [食]

先月のdancyuでも紹介をされていた北浦和にあるタロー屋さんに自転車を飛ばして行ってみました。

場所は北浦和駅から東、産業道路を越えてしばらく行ったまさに住宅街の中にあります。最初に行くときは地図が必須な場所です。

ほんとにお住まいの下でされてるのでちいさなちいさな工房というたたずまい。

こちらで自家菜園の果物・野菜から起こした酵母を使い、国産の小麦でひとつひとつ手作りされてるそう。

200805171018001_1.jpg

奥に自家製天然酵母の入った瓶があります。

本日のおしながきはこんな感じ↓

200805171010000_1.jpg 200805171018000_1.jpg

本日購入したものは

トマト酵母のカンパーニュ

ニューサマーオレンジ酵母のカンパーニュ

いちご酵母クランベリー、クルミのカンパーニュ

レモン酵母のクッペ

トマト酵母のベーグルブラックペッパー入

の5点。

家に帰って、お昼ご飯でそれぞれ少しずつ(しつこいようですが、ダイエット中につきほんとに少しずつ・・・)食してみました。

トマト酵母のものは口に入れた瞬間程よい酸味。後からじわじわ甘味がきます。ベーグルもブラックペッパーが程よいアクセントに。

オレンジ・レモンのものは柑橘の爽やかな風味が利いてます。少し紅茶のような風味にも感じます。

イチゴは甘い香りとクランベリーも相まり、嫁曰く、デザート系。

どれも結構ずっしり、モチモチ、そして素朴なパン。

バターやジャムなど付けずに素直に素材そのものの味わいを噛みしめたくなる、そんなパンでした。

タロー屋

 

 

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

久々 [食]

明日お客さんが来るということで、作らされとります。
IMG_9232_1.jpg
ひっさびさにおでん作っとります。
真夜中に出汁をとったりしとります。
飲んだ後なのにけっこう働き者だな、おれ[パンチ]
野菜やらの出汁もでて良い感じになってきとります。
ゆらゆらゆらゆら煮とります。
明日は本番。練り物やら揚げやら湯葉やら投入。味が劇的に変わりまっせ(のはず)。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

いつもの週末 [食]

今週も週末は 石丸酒店にて立ち飲み。
初めて太刀魚のお刺身をいただきました[わーい(嬉しい顔)]
200802292014000_1.jpg
食べかけの写真でゴメン。
白身らしからぬしっかりとした味わい、想像以上のプリプリ感に脱帽。美味しかった[ハートたち(複数ハート)]
200802292017000_1.jpg
こちらはおご鯛のお刺身。こちらも寝かした旨みとしっとり感が良い感じでした。
美味しいお酒とともに至福のひととき[いい気分(温泉)]

締めくくりは米王満足の肉豆腐丼。
200802292131000_1.jpg
やっぱり丼がサマになります[ひらめき]

 


石丸酒店



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

越後名物 [食]

昨年9月新潟にて食した越後名物「イタリアン」。なんと焼そばの上にトマトソースがかかっているというシロモノです。新潟ではイタリアンと言えば、パスタでもなくピッツァでもなくこの食べ物を指すという程のいわゆる県民食らしい。そんなイタリアンの発祥のお店みかづきにてようやくホンモノとご対面できました(4ヶ月越し)。
訪れたのは新潟一番の(多分…)繁華街にある万代店。

とりあえず、初めてなので(ホンモノは…、くどいけど)、オーソドックスなイタリアンを注文。

麺は太麺。意外にもやしがたっぷり。そして、もちろん上には赤いトマトソースが。アクセントに白生姜が付いてます。一皿310円也。ローソンより30円安かった。
さっそく頂きます。麺のもちもちした食感が良い感じ。肝心のソースはクリーミーなトマトソースでまろやか。そのまろやかさとかかっている量のせいか、もちもちした食感とソースの味に不思議とマッチします。白生姜もほどよいアクセントに。正しい表現かどうかは別にして、奇をてらったB級の中のB級。その方面では王道を感じさせる伝統ある一品です。
ちなみに王道のイタリアンの他にもいろいろなイタリアンが。

ホワイトイタリアン、カレーイタリアン、トマトツナイタリアン…etc.。ここまでくると何を持ってイタリアンなのかよく分かりませんが、一皿300円代というお値段も相まって全種類制覇してみたくなるのが人情か。

ちなみにこれは同僚が頼んだブイヤベース風イタリアン(これだけ「風」がつくのも何かツボに入ります)。確かに魚介の香りがしてました。
次食べるときはカレーイタリアンかな…。


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

東京駅〜新幹線 [食]

週末に友人の結婚式のため京都へ。
新しくできた東京駅のエキナカGRANSTAにて、はせがわ酒店で長野のお酒「御湖鶴」の一合瓶(プラスチックカップ付き)と浅草今半で牛肉弁当(厨房ありなので温かい)を旅のお供に購入。

東京から新幹線に乗る際ははまりそうです、このパターン。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

一度は・・・ [食]

先ほど録画していたNHKのプロフェッショナル 仕事の流儀 鮨職人 小野二郎さんの回を観ました。82歳にしてなお現役。しかもまだ上を目指して研鑽を積まれていこうとする姿勢こそが三つ星なんですね。立ち姿もシュッとしていて、まさにカウンター映えされる姿勢。猫背の僕には・・・(それ以前に心の姿勢からして違うな)。

一度は食してみたいものです。二郎握り。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

手打ちそば中むら / 与野本町 [食]

本日は前々から気になっていた与野本町通りにある手打ちそば中むらさんでランチ。

歴史を感じさせる蔵造りの建物。内装も雰囲気抜群。店前にある大木もその雰囲気・たたずまいに一役かってます。
今日頼んでみたのは鴨せいろ。

M嬢は天ぷらそば(高いの頼まれた…)。

何といっても驚きなのは、そばの太さ。まるでうどん級の太さです。喉越しを楽しむよりも蕎麦の味を噛みしめて味わってくださいとの意図なのでしょうか。確かに噛めば噛むほどそばの香りと甘味を堪能できます。つゆもそばのダイナミックさに対抗させるためか少し甘味が強めの濃ゆい感じ。卓上の薬味にはなんとくるみが。
例えて言うなら、ワイルド系そば、野武士的そば、といった感じかな。好きな人と嫌いな人と分かれそうです。僕は好きな人ですが。
お酒も十四代・東一が置いてます。今度はひとりでお酒をちびりとやりながら、極太そばを堪能してみたいものです。

手打ちそば中むら


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。