So-net無料ブログ作成
検索選択

Oasis / Dig Out Your Soul [音]

Dig Out Your Soul

Dig Out Your Soul

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Warner Bros.
  • 発売日: 2008/10/07
  • メディア: CD
ようやく。やっと。遂に。待ちこがれた。嗚呼。
どんな言葉が良いのだろうか。
RadioheadのIn Rainbows、BeckのModern Guiltのような時代を牽引するような快作という訳ではない。でも、何はともあれ、僕の待ってたOasisが帰ってきた。
まだまだブリリアントとかグレイテストだとかは言えないけど、グッド・ジョブなアルバムなんじゃないだろうか。こんなものじゃないでしょ、全部のシングル買いあさってたDefinitely Maybe&(What's The Story)Morning Glory?の頃のOasisの熱量といったら。あれこそは、ブリリアントでありグレイテストでありマーベラスだったのだから。
だけど、Be Here Nowからの体たらくといったら。正直、失望しっぱなしだった。Be Here Nowは、まだそれなりに聴いたりしてたけど、その後4枚のアルバムで憶えてる曲は、大げさな表現になっちゃうけど、多くても両手内で数えきれる位じゃなかろうか。その位、失望してた。Oasisの減速と共に、音楽に距離を置き始めた時期もあったっけ。
前作、Don't Believe The Truthで完全復活だとかって評判だったけど、個人的には、まったくのれなかった。Lyiaだとか、サビの一発パワーだとか言われても、あんなモッサリした曲どこが良いのか分かんなかった。あんな見せかけだけ、無理矢理熱量を上げた曲をサイコーだって言われてもね。The Importance of Being idleもあんな水戸黄門のイントロなんて聴きたくなかった。僕の知ってるOasisはサビなんぞが始まる前からグイグイ引き寄せられてたのだ。
そして今作。文の最初に戻るが、ホントに、よーやく、やっとこ、まさに遂に、のどから手が出たほど、きゃーなアルバムになった。イントロからグイグイ引き寄せられるのは久々の快感。
でも、こんなもんじゃないでしょ。Oasisは。次作、期待してます、ノエルさん。やっぱノエルの曲がええなあ。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

ひら

いやいやめちゃ気持ちが入ってますな。
それだけ思い入れが強いということでしょう。
確かに先行のファーストシングルで感じた、久々のラウドでがっつりロックンロールのオアシスが帰ってきました。
長かったな〜。
ノエルの才能はまだまだこんなものじゃないと信じられる一枚だね。
by ひら (2008-10-13 21:16) 

KK

>ひらさま
なにせ、Supersonicのシングルから、昔ながらの表現でいくと、レコードが擦り切れる程(CDでしたが・・・)聴いてた口ですから。
いや、でも、ホンマ長かったです。

懐古主義だと言われるかもしれませんが、やっぱノエルが全曲書いたアルバムが聴きたい。
by KK (2008-10-13 22:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。